若手アーティストKOTA KAWAIによる、Series<非イ人間> を題材にした一点物のアートピースを、数量限定で展示・販売いたします。過去に2Gで販売された、2Gと空山基によるコラボレーションTシャツやジャケットなどのアーカイブが用いられた作品は、Hajime Sorayamaオフィシャルカスタマイゼーションとなります。

【2G TOKYO(渋谷パルコ 2F)】
⬛︎発売日時: 8/7(土)11:00〜

〈KOTA KAWAI×Hajime Sorayama×2G〉
Price : ¥88,000~¥121,000-(tax included)

コンセプト: <非イ人間> Hiningen
座ることに縛られた作品は時に機械的であり、チェアという既成のフォーマットを介して、現代の常識を創造している。本作品は、「非イ人間」を通して「ハイブリッドの適合」に焦点を当てた作品。アナログな常識に手を加える事を「欠如」と捉えるか「革新」と捉えるか、人工知能やロボット工学の発展による自動化やニューノーマルに注目が集まる社会でさえ、思考の自動化は存在しない。アナログな観点は人々の生活に浸透しており、目紛しい社会変動の中で常に「何が正しく、何が間違っているのか」不確かな現実を日々ジャッチせざるを得ない現代。 最新テクノロジーと同様に、「非イ人間」から発するアナログな思考や付加が、現代の可能性を発展させる。

KOTA KAWAI
1998年生まれ、大阪府出身。文化服装学院で服飾を学び、在学中に文化服装学院 学院長賞受賞。岡山県倉敷市にて開催の「倉敷ファッションフロンティア」ジーンズ&カジュアル部門 奨励特別賞受賞。在学中の2018年から約2年間、アーカイブ&セレクトショップでビンテージCUSTOMを経験した後、2020年よりアーティストとしての活動を開始。同年11月、“難事の可視化”をコンセプトとした自身初となる個展「Ethical Consumption Chair」を西麻布にて開催し、注目を集める。代案や脱構築、レディ・メイドな手法をベースに新しい価値を表現しており本質を問いかける作品を多く生み出している。