Supreme,Anything ,Know WaveやOHWOW GALLERYの中心人物であり、ニューヨークから世界のストリートカルチャーを作り上げてきたAaron Bondaroff(エーロン・ ボンダロフ)が手がけるプロジェクト「4WD(フォーワースドゥーイング)」とニューヨークと東京を拠点とするクリエイティブチーム 「 Tea Club Scheme Team(ティークラブスキームチーム) 」 によるPOP UPイベント“ONLY BUILT THINGS 4 WORTH DOING”の開催に際し、2Gファッションディレクター小木“POGGY”基史とAaron、Tea Kato(Tea Club Scheme Team)がオンライン上で語り合った。

Poggy: Where’s your studio located now?
エーロンのスタジオは今どこにあるの?

Aaron: I’m living in Miami right now. It’s the best because it’s by the beach, nature,. No distractions.
マイアミで暮らしているよ。自然もあって邪魔が入らない

Poggy: Wow. So jealous.
それは羨ましいな

Aaron:  I’ve went through some eye opening experiences that allowed me to leave New York City. It’s been a couple of years now in this new space to create. 
いくつか目を見張るような出来事を経験した後にニューヨークシティを去る事ができた。2年くらいこの新しいスペースで創作活動をしているよ。

Tea Kato: Right. And how does that affect your work as an artist and also as being A-ron?
なるほど。ではこの事はアーティストとしてのエーロン、またエーロン個人にどの様な影響があった?

Aaron: I would also think that you hear a lot of creative people who say, “Oh, there’s not enough hours in the day,” kind of scenario where you’re always grinding and hustling.  That is Tokyo and New York. It’s always in a state of fast pace.   I always identified that speed as being productive and reacting.  I learned a slow down pace. The ideas don’t get stopped in its tracks.
クリエーティブの人間の多くがいつも 「一日の時間が短すぎる」と言いながら、ハッスルして擦り減っていくのをよく聞く。東京やニューヨークがまさにそれさ。いつもペースが速い。僕はいつもその速さを、反応と生産性だと思っていた。そしてここでペースを落とすということを学んだ。ここではアイディアが何かに止められるということがない。

Tea Kato: Okay. So I guess you’ve been pretty much productive there since you moved? More work has been done? How is it?
引越しをしてからかなり生産的になってきているということかな? 色々な仕事をしているみたいだけどそこらへんはどう?

Aaron: It’s been good having a studio, It’s been a  convertible culture,  no ceiling on the ideas.
スタジオがあるというのは良いことだよ。アイディアに屋根がない、コンバーチブルカルチャーだよ。

Poggy: About 8 years ago I had a dinner in Italy with fashion affiliates, and one of the guys told me that he was jealous of Tokyo because there’s always something new going on and in Italy it is slow on things. Then I thought Tokyo is always changing where it’s almost like it’s scared not to transform, but in Italy people go by traditions and routine. They go to same restaurant with same crew and take a same route when you take a walk type of thing. I felt certain richness in that.
8年くらい前にイタリアでファッション関係者と食事をしていた時に、ある方から東京は常に新しいお店ができたり、新しいファッションが流行ったりして羨ましいと言われたことがあって。イタリアって毎日同じレストランに行って、同じメンバーで食事して、同じコースを散歩してみたいな事を繰り返すじゃないですか。ファッションに関しても変わらない良さがありますし。でも僕がそのとき思ったのは、東京って変わることに慣れてしまいすぎて、変わらないとダメだ!みたいな恐怖心みたいなものがあって、イタリアはクオリティオブライフというか、同じことを続けられる豊かさがあるなと思ったんです。

Tea Kato: So you just felt more quality of life in Italian way?
イタリアの方がよりクオリティオブライフがあると感じた?

Poggy: Yeah, I realized they got more quality of life.
そうです。その方がある意味人が豊かなんじゃないかと感じたんです。

Aron: The idea of simplifying your life and you can live longer
人生をシンプルにすると長寿になる。

Tea Kato: All right, so we are going to speak more about the exhibition and the artwork itself, the post- 911. Okay, so I’m going to ask Poggy first, how is Post-911 stuck in you?
今回展示されるThe Post-911のアート作品についてだけど、まずポギーにPOST 9/11の印象について聞こうと思う。

Poggy: I went to New York for the first time in 2001. I saw you. You were skating at a park in the Lower East Side. I felt that New York. I was at the restaurant in Harajuku when I first saw 9/11 news, it really shocked me. Afterwards, I read this article in NY times or something where it said after the 9/11, the people in New York are being more nice to each other and people are more united. It also said that the people are looking into their own culture more than before. When I read it, I felt after 911, American people started looking back into IVY stuff, heritage style, like work wears and all. For example, people in America didn’t care about what kind of jeans they wore because it was just a work wear. For a long time, people in Japan have studied and dig deep about jeans and they know Levi’s 501’s are the standard jeans and they know the detail differences of the jeans by the year they were released. I feel all that knowledge has been exported back to USA after 9/11. 
911のニュースを見たのは、原宿のレストランのTVからでしたが、本当に衝撃を受けました。翌年2002年に初めてニューヨークに行き、JFKからマンハッタンに向かう途中、皆車に国旗を立てている光景に胸を打たれました。そして数日後にはロウアーイーストサイドの公園でスケートしているエーロンを見かけて。まさにこれがニューヨークだというのを感じた瞬間でした。その後にニューヨークタイムズか何かの記事で読んだと思うのですが、9/11以降ニューヨーカーは人に優しくなって、自分達の文化を見直す様になったという記事があって、よくよく考えると確かにその辺りからアイビーの流れとか、ヘリテージの流れとかが強まっていったんです。例えばワークウェアのジーンズを例に挙げると、アメリカ人は作業着として何も気にせず履いていたものを、日本人が長い年月をかけてジーンズと言えば501が定番で、その年ごとのディテールはこうだとかいろいろと掘り下げてきました。そういったものが一気に逆輸入していったような感じでした。

Aron: Yeah, it’s beautiful to hear your take on post-911 because it means so much and it can mean so many different things. It is definitely a way to reflect.  2001 is a date that I always look at it as a change of a time. In New York, it was a way to explain the new era of a generation, the next wave of culture. 
POST 9-11についてのポギーの見解を聞けたのは美しいね。だってこれはとても意味がある事だし、色々な意味を持つからね。反映させることが出来るんだよ。2001年は僕にとっては変化の時だった。ニューヨークにおける新しい世代、次のカルチャーの波を説明する一つの方法でもあった。

Poggy: Looking back into street wear from the early 2000’s , I’ve noticed Aaron and his crew had their own way of elegance in their style. Like how they used to mix tailored jackets in fashion and stuff. Alife crew too. I feel a lot of that elegance has been lost from fashion although people wearing much more expensive street wear. I would like to Ask Aaron what were your feelings when you were wearing a mix style like that.
2000年代始めを見返すと、エーロン達の着こなしはどこか上品だったんですよ。テイラードジャケットとミックスしたり、ALIFEのクルーもそうだった思うんですが、いまは高いストリートブランドを着ている人はいるけど、その辺の上品さは失われているような気がしていて。エーロンが当時どのような気持ちでそのような着こなしをしていたのか聞いてみたい。

Aron: Cool to hear POGGY take on that.  My life seems so far from that time now I can’t even remember what was going through the minds.
ポギーの意見を聞けるのはクールだね。僕の人生はあの頃からはずいぶん遠いところにきてしまったから、僕が当時、何を考えていたのかは思い出せないな。

Tea Kato: I guess he wants to say is the elegance that you used to have. and Poggy was just amazed to see the mixture of street and elegance. he didn’t see that from another street figure.
ポギーは上品さが、ストリートとミックスしたことに驚きを覚えたんだね。ストリートファッションにはそういったミックスされた着こなしがなかったから。

Aron: Thank you, I appreciate it.
ありがとう。感謝するよ。

Poggy: In Japan, I think the scene of modern contemporary art like museums and such are behind someway when it’s compared to the scene in the USA. For instance, the curators from big established museums go to school and they study art history – about the dead artists and their art. I respect the greats in the art history, but I think the most interesting thing about the contemporary artist is that their art include artist’s existence and their charm. I like the artists from the street and I like the artist like Daniel Arsham who didn’t come from the street, but respects the street culture so I am really looking forward to see new paintings of yours
日本ってアメリカに比べると現代アートが遅い一面もあると思うんです。美術館の学芸員が学校とかで習うのは亡くなったアーティストの事しか学ばないんですよ。僕はもちろん亡くなった偉大なアーティストに対して凄いなと思うのですが、現代アーティストの面白さってその人の魅力も含めてのアートじゃないですか? 僕はストリートアートも好きだし、ダニエル・アーシャムのようにストリート発ではないけれども、ストリートのこともリスペクトしているアーティストも好きで、エーロンが創るアートを見るのが本当に楽しみなんですよね。

Poggy: This might be very meaningful thing when you think about how POST 9/11 brought people together and the COVID19 although it’s not over, is also bringing people together from fashion and Art world.
とても悲しい出来事だったPOST 9/11が人々を団結させたように、まだ終わってはいませんがCOVID19でもファッション、 アートなどの世界が結束してきているという意味では、今回のタイミングでの展示はとても意味深いことになりえますね。

Aron: ‘I hope so, I hope that people won’t be scared to deal with each other but at same time, I think usually when something really tragic or something really eye opening happens, if we take the opportunity to learn from it, something great can come out of it.
そうなるといいね。人がお互いを恐れずに接して欲しい。でも、本当に悲劇的なことや目を見張るようなことがあったときに、そこから学べれば、必ず素晴らしい何かが出てくる。

Poggy: Yeah, I agree, yeah.
そうだね。賛同するよ。

Aron:I’m honored and I appreciate this opportunity to be able to do this exhibition with you guys and with Tokyo and the world.
君たちとこのエキシビションを東京で開催できる機会が持てて本当に感謝しているよ。

……………………………………………………

〈POST 9-11〉
その名の通りNEW YORK CITYにとって忘れがたい日となった2001年9月11日以降を指し、その後に登場 するPOST 9-11世代を代表する言葉「POST 9-11」。 POST 9-11のオリジナルアートは、2001年にエーロン・ボンダロフによってTシャツのシルクスクリーン 用に作られたことから始まり、10年後の2011年にPOST 9-11世代を代表するアーティスト達が、エーロン のキュレーションの元に集結し、LAのOHWOW GALLERYにて“POST 9-11”と名付けられたグループ ショーを開催。 現在でも伝説となって語り継がれるアートショーとなった。
さらに約10年が経過した今、エーロンが立ち上げた新たなプロジェクト4WDのアートショーを2Gにて開催。
東京とニューヨークを結ぶTea Club Scheme Teamと共に、エーロン自身が描いたPOST 9-11のアート、 POST 9-11をモチーフとした4WD初となるアパレル、陶器、それらアート作品をまとめたZINEがスイス のINNEN BOOKSより出版されます。 また、特別企画としてBLANK MAGAZINE協力のもと、今となっては入手困難である2011年に出版された “POST 9-11”アート展のビンテージカタログも発売。 このプロジェクトを最後に、エーロンが2001年9月11日から長きにわたりこだわり続けたPOST 9-11 シリーズにピリオドが打たれます。

“ONLY BUILT THINGS 4 WORTH DOING”
⬛️展示・販売期間: 9/11(金)11:00〜9/24(木)21:00
⬛️展示・販売場所: 2G TOKYO P-ROOM THE WORLD
発売商品の全ラインナップはこちらよりご覧ください。
商品に関するお問い合わせは @prromtheworld のDMにて承ります。